ららちゃん日記〜天然色〜

ユキコとららちゃんの日々のつぶやき

やったぜ!と思う瞬間をブログに残そうと思ったら自分の宣伝になったという話。

まさに今なのです。

その今の嬉しさをここに綴りたいと思ってこうして、筆を、じゃなかった、ペンを、じゃなかった、タッチペンを、あれ?!どこやったかなー(´;ω;`)ポロポロ 探さなきゃー!! じゃなかった!指を滑らせております。(長かったねーここまで来るのに。なかなか進まないよねータッチペンのくだりで、思い出した話でまた枝葉にそれそうでありましたが、堪えました。)

 

まぁ、一行でまとめて言うならば。

 

今のこの「やったぜ!」という嬉しさをブログに残しておこうと思います。

 

でした!!はー疲れた!

 

で?なんの話だったっけ?

 

あ、そうそう。やったぜ!という嬉しさの話ね。

まー大したことないっちゃないんだけど、大きな地球の流れからすると、大したことあるのようなないような。積み重ねるとすごいのかな。(いやーまったくわからんねー。)

 

はよ、話せや!!ってイライラしてると悪いので、話すと、

 

さっきまで朝風呂に入っていて、しかもスタンドエフエムのラジオ収録をスマホでしていて、のぼせ気味、浮かれ気味で

「さてー今日もこれからお昼を作って、仕事だー」と思って、お風呂からあがったら、

まだ9時!!

 

なんとーー!!!11時くらいなイメージでいたら。2時間ももうかりましたー。

 

やったぜ!と思った瞬間です。

 

 

 

なので、ブログ書けるじゃーん♫と思ってこうして指をすべらせています。

(ちなみに私はこのブログをスマホで書いている、と言うと驚くひとには驚かれます。というか、私はPCのタイピンクが苦手で、職場でパソコン打ちしなきゃならない時は、逃げ出したくなるんです。しかもひどく時間かかるんで嫌になっちゃいます。もっと機械の気持ちになり、一体化をはかろうと思ってはいます。いやーAI時代についていかないとですわ。。。)

 

さてさて、お風呂でのぼせそうになるまで、何をしてたかと言うと、ラジオ収録です。

スマホで出来ちゃうので便利ですねー。

前にもご紹介しましたが、わたくし、喋るの苦手だけど、ひょんなきっかけで、友だちの影響でラジオDJをはじめちゃいまして、思いのほか、楽しくてもう3ヶ月くらい?続いているのです。

たまにはリンクを貼ろうと思います。

まぁーこのブログに書いてあるように頭のなか、心の中が漏れ出ているようなとりとめのないラジオです。

最近、朗読のコーナーもはじめたので、

もしご興味ある素敵な方がいらしたら、

ぜひ聴いてみてくださいませ。

スタンドエフエムって無料アプリなのですが、登録しなくても、ここから聞けるのかな? DJおゆき、番組名は「ごめん遊ばせ遊ばせごめん!」で検索すると出てくると思います(^o^)

↓↓↓↓

はじめます!「心とカラダを整える1分音読」の音読シリーズ。 on stand.fm https://stand.fm/episodes/609dfae5ae693440a1eface6  

 

きゃは(^o^)宣伝しちゃった❤

 

お昼だと思ったら、まだ9時で、すごくラッキー!早起きは三文の特だぜーと思ったブログが、いつの間にか自分の宣伝をしていた、というブログになってしまいました❤

 

さて、ららちゃんを起こそうかなー。

 


f:id:fruitmix:20210516094448j:image

 

殺人現場みたいになってます。。。。

 

友だちの家に行くのが好き。なぜなら・・・

友だちの家に行くのが好き。なぜなら、、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

世界が広がるから。

 

 

 

 

小学生低学年の頃、近所の友だちの家にいくと、可愛い色々な色のちいさいティッシュ(ポケットティッシュのさらに小さいやつ)が籠に入っていた。しかもその籠がぶら下がっていて、それがとってもうらやましかった。この世の中にはこんなに素敵なティッシュが存在してたんだ。

 

その家に住むおじいさんは、いつも奥の部屋で寝ているっぽくて、たまに起きていたけど、髪の毛が真っ白だった。全部真っ白な毛を見るのが初めてだったので、こどものわたしは少し怖かった。

 

小学生高学年になって、少し離れた区域の友だちの家に遊びに行った。

 

彼女にはお兄さんがいて、「明星」というアイドル雑誌を見せてくれた。とても刺激的だった。歌本というものがついていて、心が踊った。わたしは友だちからプリンセスプリンセスというバンドの音楽を聞かせてもらって

おとなの仲間入りをした気分になった♫

 

その子のお父さんが、カップラーメンとパンを買ってきてくれた。

生まれて初めて、トマト味のカップヌードルを食べた。

こんなに美味しい、しかもトマトをカップラーメンにするなんてなんてすごいんだ、と感動した。(それ以来、わたしのカップラーメンベストは、今だにカップヌードルチリトマト味や!!)

その子のお父さんが買ってきてくれたパンは、近くのパン屋さんでコーンマヨネーズパンとたまごパンだった。

今でこそ、珍しくないが両方ともわたしは食べたことがなかったから、衝撃の美味さだった。

(なんと今でもそのパン屋は健在だから、今度買ってみようと思う。)

 

コーンマヨとたまごぱんは今でも私の食べたくなるパンベスト5内に入っている。

 

それで、高校生の時に帰りにたまに一人で通っていた(一人でってとこが物悲しいw)パン屋のコーンマヨパンが今のところベスト!!

それを超えるコーンマヨには出会っていない。(余談。セブンイレブンのもわりと好きだけど。)

コーンとマヨネーズが出会ってくれて、コラボしてくれて本当に良かった。本当におめでとう。

 

話をもとに戻しますね。

 

高校生になって、偽りの自分でなく地味な自分として行動できるようになったとき、やっと心ひらける友だちができた。

電車に乗り、彼女の家に遊びにも行ける関係性を築けた。彼女には年の離れた兄弟がたくさんいた(彼女は長女。)ワチャワチャしていて、楽しそうでうらやましかった。あ〜お姉ちゃんなんだなぁーと学校とは別の側面を見れて嬉しかった。

 

その子のお母さんが買ってきてくれた、「ケンタッキーフライドチキン」というものを生まれて初めて食べた。噂には聞いていたが、食べるのは初めてだった。なにしろわが町にはケンタッキーの店がなかったから。

 

ケンタッキーフライドチキンよ。

ついに出会えたね。おまえさんを堪能したよ。

こんなに美味いものがこの世界にある事を知った。たしか大きな丸い箱に入っていた。こんなに大きな箱から、こんなに美味しい肉が次々と出てくるなんてびっくりだ!

しかもポテトとの相性も抜群。

兄弟たちも、遊びをやめて、みんなむさぼるように食べた。わたしも兄弟の一員になれた気がして嬉しかった。

まだ続きがあります。昨日のことのように思い出せ、映像も浮かぶ自分がすごい!

そのあと、その子のお母さんがセロリの漬物を出してくれた。

 

セロリの漬物よ。

あなたは素晴らしい。

この世にこんな美味い漬物があるなんて知らなかったよ。

わたしはたくわんとナスときゅうりくらいしか知らなかったから。そして母がセロリが嫌いだから、そもそも、わがやではセロリが出なかった。でもセロリという存在を噂では聞いていた。

母よ、

セロリという歌をあなたに聴かせたい!!

セロリ 山崎まさよし↓↓↓

https://youtu.be/M4sWFgBYNbI

 

♪ムーン〜がんばってみるよぉ〜やれるだけぇ〜がんばってみてよ〜ぉ〜少しだけ

なんだかんだ言っても〜つまりは単純に君のこと好きなのさ〜ぁァ〜

 

めっちゃ良い歌やん♫

 

SMAPのもいいけど、山崎まさよしのもやっぱ作ったひとだし、いいねー。

 

私が野菜の歌を作るなら、、、、

 

 

「みょうが」もしくは「にら」

 

らな!!

 

あっ、話がまだ枝葉にそれました。

 

昔話を思い出すのって楽しくもあります。

 

あとはねーまだ友だちの家の話、あるんだけど、今日はこのへんにしたいと思います。

 


f:id:fruitmix:20210514210019j:image

 

昔の家ってなんかいい。間取りとか。

 

あぁ〜友だちの家に行きたいなぁ。

 

わたしの世界をひろげてくれてありがとう❤

 

追伸

訪問介護の仕事してた時、約3年間、他者のお宅に訪問してたけど、きれいな家、すごい壺があるような超豪邸、汚い家、想像を絶する汚い家、猫屋敷、ゴミ屋敷など様々で今思えば楽しかったなぁー。

そこに住む方々が超個性的でとても愉快、不愉快でした。

 

 

「おれは○○○○が好きじゃない。」とヒロッキーは言った。

14年間夫婦をやっても食べ物の数は数え切れないくらいあるから、何が好きで何が好きでもないかの把握なんて完璧にできないものですよね。

 

夫婦6年目のときに、ヒロッキーは初めて

「おれはエリンギが好きじゃない」とカミングアウトした。

 

きのこ料理が好きで、エリンギが好きな私は「きのこ料理にはエリンギっしょ?」と、エリンギヘビロテしてました。

 

 

ところが

「おれはエリンギが好きじゃない。」

と、突然彼が言い出した。

なんの前触れもなく、だ。

 

 

 

 

夫婦となり、6年目の夕、

私は衝撃を受けた。

 

 

「おれはエリンギが好きじゃない。」

 

 

 

 

「なんでもっと早く言ってくれなかったん!」

 

 

 

 

 

 

6年も我慢させてたのか!!!

 

 

 

私はショックのあまり、血迷った、ズレた質問をしていた。

 

ゆ「エリンギのどこが嫌いなの?」

 

ヒ「ぐにゃぐにゃしてるところだ。」

 

 

ゆ「・・・ぐにゃぐにゃ、してるかな?ぐにゃぐにゃといえばぐにゃぐにゃだけど。」

 

 

味ではなく食感が苦手なようだ。

 

だがしかし、

ショックと共に、実は嬉しさもあった。

長年の月日はかかったものの、彼の意思を表面してくれた。

 

「言ってくれてありがとう。もっと何でも気軽に言ってね。言ってくれないとわかんないからさ。」

私は彼にそう伝えた。

 

「わかりました。すみません。」

 

彼はそう言った。

 

私は彼のエリンギ苦手発言を受け入れ、決めた。

エリンギとは、さらばじゃ。

 

ありがとう、6年間のエリンギ生活。

また会う日まで。

 


f:id:fruitmix:20210512213502j:image

 

「きのこって、木の子どもなの?」byららちゃん

 

ららちゃん、きのこは、木の子じゃないんぁよ。菌なんらよ。

ららちゃん、遠くからみると、エリンギみたいで可愛いね。

ヒロッキーには食べられないから安心らね❤

 

ユキコはーーーーーーーー!!!!

 

ららちゃんを食べちゃうかもよ❤

 

 

あれ?ららちゃん?

 

 

ららちゃーーん!!

 

 

あ、寝てましたね。

ららちゃんもユキコと一緒に上越の自然と触れ合いプチ旅に行って疲れちゃったんだね。

 

想い出ぽろぽろ写真。

 


f:id:fruitmix:20210512214044j:image

 


f:id:fruitmix:20210512214208j:image

 


f:id:fruitmix:20210512215507j:image

 

おやすみ、ららちゃん。

寝袋就寝(ポケット式)ららちゃん❤

 

 

 

 

寝相わるいね。。。

 

 


f:id:fruitmix:20210512215559j:image

 

 


f:id:fruitmix:20210512215628j:image




f:id:fruitmix:20210512215725j:image

 

 

 



 

 

 

井戸端会議2021初夏「おめさん、聞いてみなせ。」

同じテーブルの、昔、お嬢さんだった方々。

コソコソひそひそ何やら井戸端会議。

介護職員関屋は、あえて聞こえないフリしながら、耳をダンボにして、洗い物をする。

本日の議題。「夕飯に(施設で)ご飯は提供されるのか?」らしかった。

 

ハル(仮名)「ご飯は出る?」

夢子(仮名)「そういうのは私はわからないです」

冬子(仮名)「ご飯は出るこっさ」

ナツ(仮名)「ゴハンは出るろー」

夢子    「はて?」

冬子    「おめさん、聞いてみなせー」

ハル    「すみませーん・・・」

 

ついに、唯一歩けるハルさんが、職員に問うために、介護職員関屋に近づいてきた。

そ〜ソ〜っと静かにそれでいて、めっちゃ接近してくるのがハルさんの特徴(かわいい♡)ソーシャルディスタンスなんてなんのその。ゾーンにどんどん入ってくる。グループエリア、プライベートエリアをそ~っと突破し、油断していると、いわゆる恋人どおしの親密の距離にまで達する(近い近い!かわいい♡)

歩行可の利用者さんて、時折、くノ一の如く背後から近づいてきて、ガチでビビる時がある。特に夜間なんかは(いつの間に起き出してきたのか!)

さて、ミニ会議後、

ハルさんが、くるよーくるよーと思ってたので、距離をとり、「なんでしょうか?(^o^)」とお答えする。

 

ハル「ご飯は出ますか?」

(議員注目の時!)

(・_・;)(・_・;)(・_・;)

 

関屋「あっ、お夕飯ですね。心配しなくてもちゃんとご用意してありますよ❤」

 

\(^o^)/(^o^)\(^o^)/

 

笑顔になったハルさんは朗報を伝えに、井戸端会議に戻る。

 

「良かったね」「よかったねー」

と皆さん、口々に安心された様子。

 

以上、時折、突如として、開催される井戸端会議の模様でした。

現場からは職員関屋がレポートしました。

 

 

ちなみに、ほぼ毎日、朝や夕方、時には夜中に帰り支度をされるハルさんは(実際には帰れないのです(:_;))、時折、突如として、皆さんに挨拶まわりをされる。

 

「お世話になりました。おめさん、元気でいなせー」

「風邪ひかないでねー」

と、テーブルをまわる。杖や歩行器、シルバーカーなども無しで自由に歩ける利用者さんはハルさんのみ。

テーブルをまわり、皆さんの肩を優しくたたいたり、別れの言葉をかけている。

なんかぐっとくるのだ。

たまに「おめさん、帰れないんだよー」と、事実を言われる利用者さんもいるが、ハルさんは信じてないのか、耳に入らないようで「じゃあね。」と言われる。

 

いよいよ出て行こうとされたので、

あらゆる手を使う。悲しいけど。

・今日は天気が悪いんですよ。泊まる手配が出来ています。

・エレベーターが点検中でまだ動かないんです。終わったら知らせるから、こちらの部屋で待ってましょう。

・お迎え呼んだから、お茶のんで待っていましょう。

・いま、おうちのひとに電話してるから。

・ちょうどおやつが来たからおやつ食べてからにしましょう。

・テーブルの上にたたみものを置いておく。 (自然に手が動きたたみだす時がある)

・今日はお泊まりなんですよ。夕飯も準備してるから、明日にしましょう。

・こちらの部屋でもう一回、荷物確かめましょうか?

 

要するに、はっきり言って時間稼ぎで、そのうちに、ハルさんはすぐに今のことを忘れるので、帰りたいことも忘れたりされる。

(でもまた少したつと、帰りたい思いを思い出したりする。)

落ち着かないのは落ち着かないなりの理由がある。でも「仕方がないよね」で済ましてる現状。

何とか誤魔化して、やり過ごそうよ、で済ましてる現状。うちら専門職にはもっと考える力があるはずなのに。想像力、創造力があるはずなのに。あの職員が、、とか、この職員がどーとかって、そんなことばかりに目が、心が持っていかれてる。ダメじゃん!全然だめだよ!

 

いやもうこれホントそう!耳が痛すぎる。

たなかいごブログ↓↓↓

お年寄りの不穏=顧客のクレーム

https://www.kaigogoyoukiki.net/tanakaigo/?p=387

 


f:id:fruitmix:20210506203443j:image

 

昔、おばあちゃんが近所の茶飲み友だちを呼んでおしゃべりしてた。たまに面倒くさそうにしてたの、私は知ってたよ。

ずっとおばあちゃんは専業主婦だったけど、

小さいけど、コミュニティーはあった。

今だと「コロナだすけダメだ」って簡単に断られたのにね❤認知症になったおばあちゃんは性格ががらっと変わった。しっかりもので厳格でいつもにこにこしてなかったけれど、認知症の進行が進み、怒らず、多幸症のようにずっとにこにこしていた。

はたまた、認知症で怒りっぽくなる方もいる。(認知機能の障害で感情抑制ができなくなるため)

認知症の方どおしの、喧嘩を見ててたまに思う。あんなふうに怒鳴って、自分の言い分を我慢せず伝えられて、それでいっとき険悪になっても、一時間後には、ふたりとも忘れて、仲良く話してるなんて、いいなあーと。

で、また喧嘩して、仲直りも何もせず、お互い謝らず元通り。

 

大人の世界は、よほどのことがないと、なんだか喧嘩も出来ない、腹の探り合い、空気の読み合い、忖度。なんかウンザリしちゃうけど、利用者さんの喧嘩みてて、清々しく思っちゃうのちょっと不謹慎かもだけど、そんな風に生きられたらなぁーって思う。

 

と、ここで一句!

「けりつけよ胸ぐらつかみ夢醒める」

季語なし!

 

久しぶりに俳句詠んだ。。。

 

詠んでないと全然だめだねー。

 

と、ここで調子に乗って、また一句!

「呆れ顔師匠の便りそのままに」

季語なし!

 

また言いたいことごちゃまぜブログになってしまった。。。

 

ちゃんちゃん。

わたしもきっとナンカ症だ、なんか障害だよー。

 

障害にまけずにがんばろー。

また会いましょう。

ハナさんが逝ってしまって、それからすぐにタキさんも逝ってしまったなぁ。 

可愛らしかった貴女たちの記事は仮名でたくさん書かせていただいた。

https://rarachan.hatenadiary.com/entry/2020/04/03/120000

 

2月に部署異動になって、ハナさんには最期、会いに行き、顔を見ることができたけど、タキさんの知らせは突然でした。

 

永遠に生きると思ってしまうけど、やっぱりそんなはずはなく、お別れは来るんだよね。

 

おふたりとも、どなたがお迎えに来てましたか?

逢いたかった人に会えましたか?

 

死後の世界はわからない。

 

よくハナさんが怒りモードに入ったとき「化けて出てやる」と言われたけれど、まだこっちには来てないですねー。

顔や声、思い出しています。

 

また生まれ変わって出会えるのか?はたまたそのまま天上にいなさるのか?神様になるのか?

 

難儀難儀と言われていたので、今頃、心安らかに心配なく、大切な誰かを見守ってくれてるでしょうか?

 

また会いましょう。

 

ご冥福をお祈りします、って言葉はいまいち、よくわからないから、会えたらまた会いましょう!くらいがいいな。

 

楽しませて笑わせてくれてありがとうございました❤

 


f:id:fruitmix:20210430154519j:image

「馬鹿オバサンども!!」と貴女は仰った。

職場のご利用者様、夢子さん(仮名)。

 

私のstand. fmのラジオ番組名「ごめん遊ばせ遊ばせごめん!」の名付け親。(というより、彼女の口癖を私が勝手にパクっただけだが。。)ちなみに、DJおゆきの「おゆき」は、亡きおばあちゃんが私のことをそう呼んでくれてたので、そこからもらいました。この話をしたら、友だちも「おゆきー♡」と呼んでくれるようになり、おゆき時代が到来!(ニックネームはわたしにとって大切だなぁー。)

 

夢子さんは普段はすごく上品で言葉遣いも丁寧。

 

しかしっ!豹変を遂げる時はオムツ交換の時!毎回ではないが、3回に一回くらいは

ご機嫌が損なわれ、荒々しい言葉となる(笑)

「そうゆうことして〜馬鹿らわ!この女!いらんことして!馬鹿馬鹿!!」という馬鹿な女呼ばわり。

先日なんかは、他の職員がオムツ交換に入ったところ大きい方が爆発的に排出しており、

抵抗が著しく、ヘルプ要請が来たので、私が彼女の手を握り声掛けをしながら、交換に入った。私が訪室したとたん、助けてと言わんばかりに「この女がひどいんだわ。」と訴えてくる。だがしかし、手を抑える私のことも、グルだとわかると「アンタも何すんだ!」と共犯扱いで一変。それでも、手を握り、話を聴きながらの〜オムツ交換は一気にクライマックスを迎えた、その時、、!!!!

 

 

 

「この馬鹿オバサンども!!」

 

と、彼女は仰った!!!

 

「馬鹿ババァ!」ではなく「オバサン」のところがなんとも可愛い(笑)

普段は、40代の私達のことは、「おねぇさん」とにこにこ仰る夢子さん。

それが一変して「馬鹿オバサンども」と罵る(笑)

 

なんだかねー、こういう瞬間を目の当たりにすると、人間らしい、というか人間臭さが垣間見れて、へんな安心感をおぼえる。人間、綺麗だけじゃいられませんよー、みたいな。

 

今日も「馬鹿ら!馬鹿馬鹿!」と言われたので、オムツ交換のクライマックスを迎えたあとに、「夢子さん、私は馬鹿なのでしょうか?」とお聞きすると、普通のテンションに戻りつつあった夢子さんは悪いと思ったのか?「馬鹿まではいきませんけどね。」と仰った(笑)

オムツ交換が終わると、完全にもとの?夢子さんに戻られ、私が終了を告げると「ありがとうございました。また来てください。」とまで、仰っていただけた(笑)

そこで私は再度、「夢子さん、私は馬鹿なのでしょうか?」と聞くと、「いいえーそんなことはありません。」と、誰がそんなこと言ったんでしょう?と言わんばかりに(笑)

 

そんな夢子さん。

「ごめん遊ばせ〜」と仰る時は、私が、すかさず

「遊ばせごめん〜」とお答えする。

 

今日も異常なし!

 

追伸。

今日は夢子さんの窓越し面会に私が同行させて頂いた。息子さんは夢子さんと同じ、きらきらした瞳をして、まるでおんなじ顔(笑)。私はきらきらお眼目を見比べて、微笑ましくなるんです。

辻褄が合わないけど(笑)、久しぶりの親子の会話に、ほっこり。

「素敵な息子さんで、良いですね〜」と私が褒めると、

「大したことないですわ。」と夢子さん。

それを聞いて笑う息子さん。

施設でドライブに行った話をすると、

息子さん「前にも一緒に行ったの覚えてる?」

夢子さん「おぼえてますよ。」

 

この「おぼえてますよ」の顔は覚えてない顔だな、と私は内心思いながらも(笑)

息子への優しさを見せる夢子さん。

その優しい嘘を包みこむ息子さん。「そうか〜。」と仰る。

 

おんなじ顔で笑うのを見られて、こういう瞬間、介護士になって色んな家族と出会い、再会を繰り返し、プライベートな一部分を感じ、垣間見れるのは嬉しいことだなぁーと思う。

 

面会が終わり、テーブルにつくなり、ドーナツガッツいていた夢子さんも可愛らしかったです(笑)

 

そういえば息子さんに

「少し顔がぽっちゃりしたんじゃないか?」と言われていた夢子さん。

やせ細りやつれて見えるより、多少ぽっちゃりしていた方が健康的かもね。

 

これからも、良く食べ、良く眠り、良く喋ってください。

暴言でもなんでもいいから(笑)

 

うちらもあまり暴言を吐かせるような介護にならぬように日々精進!

 

ごめん遊ばせ遊ばせごめん!

お相手はDJおゆき、もとい介護職員関屋でした〜。

ありがとさらばじゃ。

↑これ、最近のRadioのエンディングトークの締めの言葉です。

 


f:id:fruitmix:20210429053257j:image

 

うちの玄関前のたんぽぽがたくさん満開。

まだまだ咲いてて欲しいなぁ。

 


f:id:fruitmix:20210429053501j:image

 

少し前までまだひとつだったのにー。

 

日に日に咲いてくれました。

 

ららちゃん、嬉しいねー。

 

「ららは白もぴんくも好きらろも、たんぽぽの黄色も好きなの。」byらら

 

たんぽぽ限定色かいっ!

そーいえば、ららちゃん、いつの間に長い長い冬眠から覚めたんだろ?

 

てゆうか、ららちゃんは、常時、春夏秋冬眠らね❤

 

ららちゃん?ららちゃんー?

 

すでに、寝てました。春眠の瞬眠ららちゃん。

 

おやすみなさいました、ららちゃん。

 

みなさまもおやすみなさい〜。

 

てか朝だし!(笑)

 

「食べ始めたら慣れる」とヒロッキーは言った。

青菜炒めが好きである。

今夜はタイ風青菜炒めにしました。

 

菜っ葉と味噌汁を食べないと調子が出ないのであーる

 

 

 

 

あっ、。が置いてけぼりだ!!!

 

文たちに着いていけない、小さな、置いてけぼりの 。は、自分みたいで、なんだか愛しげになって、なんだか、直さず、このまま記録してみようと思いました。

 

 

 

がんばって、着いていけー!

 

。よ❤

 

菜っ葉と味噌汁を食べないと調子が出ないのであーる。

 

 

おっ!!今度は普通に着いていけたね❤

 

いやいや、違うぞ!普通じゃないぞー。

 

文たちが、また来てくれたんだよ。

チャンスが来て、。が、今だ!!と乗っかったんだ。おめでとう㊗よ❤

ありがとうだね、。よ❤

 

 

なんだこのブログ。。。。。

 

今日は疲れたから、このへんでお終いにしようと思う。

 

で?ヒロッキーの台詞はなんだったの??

 

ってことですが、

えー、要するに私が美味しくない炒飯を作ってしまって、あろうことか、差し出す前に「美味しくないのができた。」

とうっかり言ってしまった。

 

そうしたら、ヒロッキ氏が

「食べる前に、それを言うのか」と言われ、、、

やばい!と思いすぐに

「あ、でも人によっては美味しいかも」

 

と言い直したのだが、、無言で食べ始められたので、

どぉ?って聞いたあとの、

 

ヒロッキ氏の一言。

 

 

 

 

 

 

 

「食べ始めたら、慣れる。」

 

 

 

現場からは以上で〜〜〜す。

 

明日は満月です。

今日の月もとっても綺麗でしたよ。

 

満月を抱くようにオハヨーヨーグルトを抱くららちゃん。

 


f:id:fruitmix:20210426204541j:image

 

おはよう byららちゃん

 

ららちゃん、今は朝じゃないんだよ❤

ららちゃんはいつも寝ているから、起きたらいつも朝みたいになるんだよね、知ってるよ❤