ららちゃん日記〜七転八起〜

ユキコとららちゃんの日々のつぶやき

弱気と強気の狭間で。

ららです!

人間って、弱気な人と強気な人(印象の話)がいるなぁって思うから
ユキコにどっち?って聞いたら

「弱気と強気の狭間で。」と返ってきた。

いやいや、ユキコが強気と弱気の間だったから、ちょうど良いんじゃん?

ユキコはバランス取れてないんじゃ、、、。


「確かに!!!」byユキコ

最近、弱気率高いユキコです。

そんな時こそ、瞑想と掃除をしなよ、ってららは言います。

そして、このポーズを決め込むユキコ!!
f:id:fruitmix:20200408163952j:plain

そうそう!その感じ!その調子らよ。
その調子に乗ってけー乗ってけー♪
好きなものを数えるだてー。

ユキコの大好きな忘時庵てお店、
また呑みたいなぁ、マッチョ。

ららが呑んだら、舌がチビれて(しびれて、が正しいです)しまいますー。

千葉。

「や〜なこっとペッ」のタキさん。
↓↓過去記事
https://rarachan.hatenadiary.com/entry/2020/02/20/020446

テレビで、美味しそうなピザの映像が出ていたので
ついつい「ピザ食べたい〜」とつぶやいてしまった。

隣にいらっしゃったタキさんに「ピザってわかりますか?」と聞いたら、
タキさん、
「千葉」

と、お答えになられた。

タキさんが大好きです。

私は粘り、「千葉じゃなくて、ピザ!」

粘るタキさん。

「千葉」

「ピザ!!」

「千葉」

「ちっが〜うよ!ピザじゃなくて、ピッツァ!!」

タキさん無言。

私の勝ち?!

と、ドヤ顔になろうとした時に

「それナンダ?」と意表をつかれ!!

「あ、えーとね、チーズがかかった、うーんと、パンみたいなのかな(汗)」

タキさん、無言。

あ〜現場からは、ピザをうまく伝えられない自分の表現力のなさにへこむ、ピザって10回言って、ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ、じゃここは、「ヒザ!!」といまだに、ドヤ顔で言ってしまうユキコのレポートでした。

「ららをピザにしてもイーヨー♪」 byららちゃん
f:id:fruitmix:20200403012937j:plain

続く。

「痛くてもいいよ〜。」と仰った。

園田さん(仮名)男性。癒やし系。
爪切りをさせて頂いた。

ユ「肉まで切らないように(つまりは深爪しないように)気をつけますからね〜。」

園「切ってもいいよ〜。」

ユ「えっ!! だめですよぉー、血が出てしまいます。痛いですよー!」

園「痛くてもいいよ〜。」

私は驚いた。
そして、なんだか勇気をもらったようなあたたかい気持ち。

介護士史上、爪切りをしてて、こんな風に言われたのは初めてだった。大げさかもしれないけれど、感動すらおぼえた。

相手を100%信用し、ゆだね、何があっても大丈夫、だからやってみれ!! そんな包容力のような優しい言葉に聞こえた。

私は園田さんが怒っているのを見たことがない。
他の方の介助で待たせてしまうことがあって、謝っても「はいはい」と優しく穏やかな口調。
有難く思う。でも、それに甘んじないようにしたい。

就寝の介助後(入床すると)ほっとしたように「いいこといいこと〜」と仰る。
私が「おやすみなさい」と言うと
園田さんは「はい、おやすみ」と仰る。
その言葉を聞くのが好きだ。

高熱出ても「大丈夫だ〜」と仰る。
いやいやだるいでしょうに〜と思うのだが
「大したことない。」と仰る。
いやいや高熱出てるって!!と思い、
「具合悪いときはちゃんと言ってくださいね、無理しないでくださいね」と言うのだが
「はいはい。大丈夫だ。」と。

しかしながら、私は園田さんに救われている。
勇気のようなもの、よく言葉で表現できないのだが。もらってる。

しかしながら、「痛くてもいいよ〜。」って!!
「(爪の肉を)切ってもいいよ〜。」って!!

「Mなのかな?」 byらら
f:id:fruitmix:20200402214800j:plain

ららちゃんっ!
Mなんて言葉、どこで覚えたのー?汗

もうあんな嘘はつかないよ、おばあちゃん。

ユキコです!
毎年、4月1日エイプリルフールになると思い出すことがある。

遊び心で小学生の時におばあちゃんに嘘をついた。

こういうシナリオだった。

「ある日の昼下がり。

おばあちゃんがコタツにあたり、手作業をしている。

突如、目覚まし時計(ジリリリリーンとけたたましく鳴るタイプのもの)が鳴る。

「火事だー!!」
と、私が叫ぶ。

おばあちゃんはびっくりする。

私が「嘘だよー」と言う。

完  」


決行した。

予想どおり、おばあちゃんは立ち上がり、悲鳴を上げた。

その時点で私は気付いた。

こんなことをしてはならなかったこと。

私はすぐさま、目覚まし時計を止めて、おばあちゃんに嘘である事実を告げた。

おばあちゃんは「びっくりした」と、ヘナヘナと座りこんで哀しいような顔をした。

私はおばあちゃんにごめんなさいと思った。
実際におばあちゃんにごめんなさいと言えたかどうかは、おぼえてない。

ただただショックだった。

おばあちゃんを一瞬でも哀しませてしまった。

もう二度とやめようと思った。

おばあちゃんは怒らなかった。

ただただ、あ〜びっくりした、と嘘だと知って安堵のため息をついていた。
今でも思いだすと涙が出そうになる。

ごめんなさい、ありがとう。

エイプリルフールの日には、おばあちゃんにあの時ごめんなさい、ゆるしてくれて、ありがとうと心で言いながら、毎年思い出す。

おばあちゃんを想いながら、今日も自宅で歌っていました。
ユキコ、42歳になりました。嘘じゃないよ。
びっくりしたでしょう?あ、してない?知ってるって?
おばあちゃんと一緒に歌も歌ったね。

歌、聴いてもらいたかったなー。

あっ、ららちゃんのことも見て欲しかったなー。

えっ?知ってるって?見てるってー??

アチャー。なんでも知ってるのね、おばあちゃん。
見てるんだもんねー、そうだよねー?!

アチャー。練習がんばろ、汗。仕事もがんばろ。

あ、家事も。

そういやーおばあちゃんの愚痴って聞いたことなかったかもー面倒くさいとか、そういうの。すごいなー。


見習いなー byらら
f:id:fruitmix:20200401230856j:plain

お花が好きだったおばあちゃん。

おばあちゃん、おばあちゃん、おばあちゃん♥

追伸 ららが立った。

痛い。

http://blog.livedoor.jp/kumagaimakoto1972/archives/52108761.html

ファン歴4年目。誰かのファンになったことがある方は深くわかってもらえるだろうが、身を切られるように痛い、心が。
ずっと気持ちの上ではミュージシャンと共に全国ツアーも旅してるかのような感覚で日々を過ごさせてもらってる中、とめどない落胆。嗚呼。

ちょっともう言葉が出ないな。無理矢理にでも、ポジティブな言葉を出せばいいのかもしれないけれど、嗚呼、嗚呼〜しか出ない。

春なのにな〜
f:id:fruitmix:20200331062805j:plain

f:id:fruitmix:20200331063137j:plain

痛い。

http://blog.livedoor.jp/kumagaimakoto1972/archives/52108761.html

ファン歴4年目。誰かのファンになったことがある方は深くわかってもらえるだろうが、身を切られるように痛い、心が。
ずっと気持ちの上ではミュージシャンと共に全国ツアーも旅してるかのような感覚で日々を過ごさせてもらってる中、とめどない落胆。嗚呼。

ちょっともう言葉が出ないな。無理矢理にでも、ポジティブな言葉を出せばいいのかもしれないけれど、嗚呼、嗚呼〜しか出ない。

春なのにな〜
f:id:fruitmix:20200331062805j:plain

f:id:fruitmix:20200331063137j:plain

痛い。

http://blog.livedoor.jp/kumagaimakoto1972/archives/52108761.html

ファン歴4年目。誰かのファンになったことがある方は深くわかってもらえるだろうが、身を切られるように痛い、心が。
ずっと気持ちの上ではミュージシャンと共に全国ツアーも旅してるかのような感覚で日々を過ごさせてもらってる中、とめどない落胆。嗚呼。

ちょっともう言葉が出ないな。無理矢理にでも、ポジティブな言葉を出せばいいのかもしれないけれど、嗚呼、嗚呼〜しか出ない。